×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2人目 不妊

2人目不妊に悩む方が急増

少子化問題や晩婚化によって、現在の出生率は1.29人と言われています。現代では、一人っ子の家庭が多くなっています。

しかし望んで一人しか産まない方もいますが、2人目がなかなか妊娠しない2人目不妊のケースも多くあるようです。子供が手がかからなくなってきて、そろそろ2人目と考えても、なかなか妊娠しないと悩んでいるママさんも多いのです。

日本では「一人っ子はわがまま」とイメージもまだ強いため、周りからのプレッシャーも大きくてお母さんのストレスになってしまう場合もあります。

その原因を調べに病院に相談に来る方もいるそうですし、中には体外受精をする方もいるようです。2人目不妊に悩む方にその原因や、検査、治療についてご説明していきたいと思います。

2人目不妊の原因

2人目不妊の原因は何でしょうか?1人目は妊娠しているわけですから、体に問題があるわけではないと考えられがちですがそんなこともないのです。

2人目不妊の大きな原因は、加齢の問題だといわれています。今は女性も仕事の関係でどんどん晩婚化の傾向にあります。最初のお子さんを30歳過ぎてから産む女性も多くなってきました。

1人目の子育てが落ち着いて、そろそろ2人目と考えるときに35歳過ぎている場合も多いんではないでしょうか?女性の体は38歳を過ぎると卵子の老化が急速に進むといわれています。内膜の血流も悪くなり卵子が受精しても、子宮内膜に着床できずに妊娠しないということもあります。

また子宮内膜症だった人は、生理が再開することによってまた内膜症になりやすくなって、妊娠しない場合があります。早めに受診するのがいいでしょう。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?